読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはきっと、しゃちくのせいなのかもしれません

毎日をすこしだけしあわせにするのになにをするか考える

バレンタインデーに逆チョコあげてみた

2016年になってもう1ヶ月以上経ちました。時の流れは早いですね。
毎年バレンタインデーとは全く無縁で過ごしてきました。正直まともにもらったことが一度もないのでこのイベントが何なのかイマイチわかっていませんけども!調べてみるとたくさんチョコがあるんですね。ビックリ!毎年あげている側の女性はここからどうやって選んでいるのでしょうか?

さて、タイトル通り2016年はなんとかこのイベントに参加しようと思いたち、参加するために必要なことを考えていたらある結論に至る

逆チョコだぁぁ!!!

逆チョコとは

日本では女性から男性にチョコレートをあげます。アメリカでは違うんですよー。これを逆手にとって男性から女性にチョコを贈る。これが逆チョコ。
あ、お菓子メーカーに騙されている感満載ですね!!いいんですよ!楽しめれば!

チョコの種類がたくさん

「バレンタイン」で検索するとあれよあれよ本当にたくさんの種類のチョコレートがあることに驚きます。みんなどうやって選んでるんだー。え?1粒1000円!?なにそれおかしー(お菓子だけに
それとも手作り!?お菓子はつくったことないけど、手作りの方が参加している感あるような!でももらう相手に重いってなったらダメだよね・・・

悩んだ末の逆チョコ

そもそもこれまでの人生の中で何かプレゼントをあげたり、もらったりするということがなかったのでどうしたもんだという感情しかありませんでしたが、何もしなければなにも起こらないので、あげることにしました。


お渡しするときはとても緊張しました。プレゼントを渡すのってとても緊張するし中々うまく渡せないものですね・・・プレゼントを渡す練習もしなければ・・・渡す前のシミュレーションでは「はい、これ!最近流行りの逆チョコってやつ!?コレ食べて元気だしてよ」でしたが、実際は「あの・・これあげる」みたいな感じでキモさ前回でした。やっちまったぜーー。
チョコに短いメッセージカードを入れておきました。「今度食事でもどうですか?」って。まぁ多分返事はよくないでしょうけど。何も起こらないよりはいいかな・・・。焦らず気長に待ちましょう。運命を受け入れましょう。